Skip to content

ハ行

「ミツバチが滅びると人類生存期間は4年」とアインシュタインは言う。

この映画を観て、僕はこのことを初めて知りました。

「もしハチが地球上からいなくなると、
人間は4年以上生きられない。
ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、
植物がなくなり、最後は人間がいなくなる」
(ただしアインシュタインが本当に言ったのかの真偽は不明)

アメリカではミツバチの失踪をCCD(Colony Collapse Disorder)と呼ばれている。

原因として考えられるのは(
小笠原誠治さんのサイトによると)
農薬、遺伝子操作作物、ストレス、栄養不足、ダニ、細菌、電磁波が怪しい。
だが決定的な理由はまだ見つかっていないそうだ。
なぜなら農薬や遺伝子作物を行なっていない地域にも
ミツバチ失踪は発見されたから。
世界の至るところで起こっているから、だと。

ただミツバチにも種類がある。
今回集団失踪をして話題に取り上げられているのはセイヨウミツバチである。
このハチは蜂蜜を作るのに大変効率のいいハチなので、
世界で大量に輸入され養蜂家に親しまれている。
アメリカでも日本でも。
問題がセイヨウミツバチだけならいいが…

もし集団失踪がすべてのハチに起こったとしたらどうなるのか?
本当に人類の余命は4年になってしまうのか?

ミツバチの問題はムシできない環境問題の一つですよね。
詳しいことをご存知の方はどうかご一報をお願いします。
僕も知り得た情報はできるだけ掲載します。
ハチだけにハシに追いやってはいけませんね。

『ファイター』 兄弟っていいものですね。


DVDとブルーレイです。

ボクシング映画と言えば『ロッキー』シリーズですが、
『ミリオンダラーベイビー』も良かったです。

今年上映されたこの『ファイター』も人間関係の温かい絆を見せてくれてます。
実話に基づいたストーリーのようですよ。
家族っていいものだな、ほんのりした映画でした。
よかったらレンタルで借りて見て下さい。

それにしてもクリスチャン・ベール“ヤク中”ぶりは
見てるこちらまで心配になってしまうようなイカレぶりでした。
私生活でヤってないことを願います。
(wikiを読んだら、役作りのために13キロの減量と、髪の毛を抜いて歯並びも変えたとあります)
スゴイ役者魂ですね。

ハリウッドの裏側が麻薬で汚染されていなければいいのですが。
以前日本の芸能界でも問題沙汰されたことですし。
どうなってしまうのでしょうね、スターの行く末は…
スターはスターであってほしいものです。

『Fame』 若さみなぎる映画を観て元気になろう!!

タイトルは『名声』という意味。

歌手やダンサー、役者としてトップになりたいという10代の若者たち。
学校の食堂や通りのド真ん中でキチガイのように楽器を鳴らし歌い踊る。
まさしく『若さの爆発』です。

誰かが言っていました。
夢を語る若者を見るほど楽しいものはないと。

ショービズの世界では、夢かなわぬずに挫折する人がほとんどでしょう。

それでも“夢は私の手中にある”と信じている純情。

傷ついた大人たちに観てほしい1本です。

注:アイリーン・キャラという女優は『フラッシュダンス』の主題歌を歌っているのだそうです。知りませんでした。


よろしかったらこちらも是非見て下さい。

『パルプ・フィクション』 2人のダンスが一品でした。


DVD版とブルーレイ版

ジョンとユマが一緒にダンスする場面があるのですが、
(2人とも軽度? なヤク中という設定)
曲にあってて抜群にうまいの。

夢遊病者のような目つきと動作。

この場面だけでも一見の価値あります。
是非観てみて下さい。

こちらは wiki になります。