Skip to content

ヒューマン

家族という十字架を抱きしめて。

『手紙』という邦画を観た。

弟想いの兄が金目当てに強盗殺人を犯してしまう。
服役中のそんな兄と主人公である弟が、文通で交流をしている。
殺人者の家族ということで何かと世間からの嫌がらせを受け、
大学進学をあきらめ、職を転々としている毎日だ。
情熱を傾けて頑張る「お笑い」の世界で登りつめるが、
兄が殺人者という事実が起因し夢半ばにして挫折する。
好きだった女性とも互いの意思を確認できないまま破局する。
彼の数少ない理解者の一人と結婚し娘を儲けるが、
その娘も仲間はずれにされてしまう。

「全部兄貴のせいだ!」

弟は絶縁の手紙を出し、殺された被害者の家族と会って許しを請う。
6年間毎月欠かさず兄から届く手紙を持ち出した被害者の息子は、
兄からの最後の手紙に「私の存在がある限り罪はなくならない」という文を読み、

「手紙は彼にとっての“般若心経”なんだ」
「もうこれで忘れよう許そうと思う」

弟もまたたった一人の肉親である兄を見捨てることができず、
長いこと面会していない兄のために
刑務所に出向いて慰安で「お笑い芸」を披露する。
弟に許された兄は手を合わせ感涙する。

家族とは自分の十字架です。
血縁は偶然ではなく魂の約束なのです。
家族を通して魂を磨き合おうと誓いあったのです。

『十字架を手放すな、逃げるな、拒絶するな!!』

イエスは十字架を決して手放さず、それから逃げもしなかった。
自分の未来に《磔刑》という侮辱と苦痛が待ち構えていることを知りながら。

作家の安部譲二さんの母は刑務所に入っている息子に言います。
「あなたがここに入ったおかげで、私はこのような世界を学ばせて頂いたんだよ」
これを聞いた安部さんはヤクザから足を洗う決心をしたそうな。

犯罪者を持つ家族の皆さん、
同じ血のつながった家族をどうか見捨てないで下さい。
罪とは何か、罰とはどんなことなのか、
真摯に考えるきっかけを与えてくれたじゃありませんか?

法を犯した罪人。
壁に仕切られ社会から隔離された牢獄。
もう消し去ることのできない罪の刻印。

僕らの中で果たして罪を糾弾する資格を持つ者がどれだけいるのかな?
あのイエスでさえも罪を定めなかったほどなのに。

“自動車”に寄せる男たちの熱い思い。

『グラン・トリノ』という映画を観た。
主演・監督はクリント・イーストウッドだ。
おもしろかったので是非レンタルで借りて観て下さい。

グラン・トリノとは、70年代に生産されたアメリカのフォード車の名前だ。
朝鮮戦争に従事した退役軍人の主人公のコワルスキーが、
20年間フォード社で働いていた時に製造したものだ。
それはそれは愛着のある車で、他の車には見向きもしない。
トヨタのセールスマンでトヨタ車に乗る彼の息子には、決していい顔をしていない。
アメリカの古き良き文化を大切にする頑固な老人がそこにはいる。

内容は観てからのお楽しみとして、
タイトルメニューにある「特典映像」を逃さず観てほしい。
そこである人が言うのは
「車は単なる移動手段ではなく、父と息子のコミュニケーションツールになるんだ」と。

息子が車をほしがる年齢になる。
「もうそんな年になったのだな」と
父は息子にお似合いの車を探し出して与えたり、
もしくは自分のお古をプレゼントしたり、
車についてあれこれと講釈する。
こうして父と息子の男同士の交流が行われる。

『自動車は息子とできる共通の話題になるのだ』

内容に触れてしまうが、
映画の主人公とその息子との交流はどうであったのか疑問が出てくる。
おそらく軍人時代に犯してしまった後ろめたさ・後悔が懺悔の日々となり、
不器用で無口な父親にしてしまったのだろう。
神父にも息子にも言えない過去の秘密が、息子との距離を隔てる。
亡き妻もそれを感じていた。

息子を持つ父たちよ、
失敗や挫折の人生だって息子は共感してくれるはずだよ。
嫌われたっていいではないか。
いつかきっと解ってくれるよ。
だってあなたの息子だろ?
大人になってみないと解らないことは確かに多い。
信じてみよう。

『男同士の魂の交流』

いいものだね。

では女同士はどうなのだろう?
教えて下さい。

文盲という劣等意識は、そんなにも人に知られたくない恥ずかしいことなのかと驚いた。

 
DVDとBlu-rayと原作本です。

『愛を読むひと』(原作『朗読者』)という洋画を借りて観た。
ネタばれになるがストーリーの要点だけ紹介します。
(ケイト・ウィンスレットが老けていく過程がおもしろい。名演)

ケイト扮するハンナ・シュミッツと
15才の主人公ミヒャエル・ベルクはひと夏の関係を持つ。
物語が好きなハンナはミヒャエルに本の朗読をお願いし、
二人の仲は親密度を増してゆく。
ある時彼女は彼の前から姿を消す。
(理由は昇進して事務職を任せられることを嫌がったからだ)
ハンナにはナチス親衛隊として働いた血塗られた過去がある。
ミヒャエルと別れて数年後、
ハンナは法廷に立たされ、筆跡を調べられるために、紙とペンを渡される。
彼女は文字が書けない読めない文盲であることを人に知られたくないために、
裁判で不利な証言をしてしまう。
「無期懲役」の判決が下る。
その法廷をたまたま傍聴していた今や法学生となったミヒャエルは、
彼女の文盲を知っていた。
救えるはずのハンナを見過ごしにしたのだった…

罪の意識からかミヒャエルは牢獄のハンナにかつて読んで聞かせたテープを送る。
それをきっかけに彼女は“文字”を学ぶようになる。
少しずつ文字を理解するようになり、その喜びと共に彼に短い手紙を送る。
時に「返事がほしい」という手紙に彼は手紙を送らない。
送るのは本だけだ。
いよいよ出所も近いという日にミヒャエルはハンナを迎えに行くと約束したが、
ハンナはその夜自殺する。

「なぜミヒャエルは文字を理解し始めたハンナに手紙を送らなかったか?」

ハンナは文盲だった自分を恥じていた。
彼は刑務所内の彼女の“文字”の理解度を知らない。
もし高等な文を書いて理解してくれなかったら彼女のプライドを傷つける。
もし幼稚な文を書いて送ればこれもまた彼女のプライドを傷つける。
ミヒャエルはかつて愛した人を思いやり、送るのを拒否したのだ。

「若かりし頃の主人公が、なぜあの時文盲だと証言しなかったのだろうか?」

二人のあの夏の関係の中で育まれた二人だけの『絆』が思い出と共によみがえり、
これも彼女への思いやりから真実を公然にしてしまうのを拒否したのだろう。
(時として真実は人を傷つけるのだ)

思春期の青年が夢見る永遠の恋。
ドイツ人の犯した罪の贖いと文盲という羞恥心。
寂しく孤独な現実と冷たく固い牢屋で交わされる二人の蜜月。
歳月という罰を受けながらも愛を感じ合った日々。
そんな甘く切ないラブストーリーです。

借りてでも是非観てね。

『いつも心に太陽を』(1967年)

黒人俳優シドニー・ポワチエ扮するサッカレー先生が
イギリスの落ちこぼれ高校にやって来る。
そして“学級崩壊”のクラスをものの見事に更生させていく物語だ。
(パート2もあるらしいけど観ていない)
(パート2はこの30年後に作られたので、時代や場所の設定が違う)

ミッシェル・ファイファー主演の
『デンジャラス・マインド』も同じテーマを描いた映画です。

疲れた日本の教育関係者の方、
もし気分転換でもしてみようと余裕があるならば
ツタヤにでも行って借りて見て下さい。
きっと有意義な2時間になりますから。
保証します。