10回の防衛戦を果たし引退しようとするロッキーの前に、
新進気鋭の強敵クラバー・ラングが現れ、「俺と闘え」と挑発する。
トレーナーのミッキーは「奴は殺人マシーンだ」と止めさせようと必死になる。
「でなければトレーナーを辞める」と。
「俺はチャンピオンとして10回も防衛してきたんだ」と言うロッキーに対し、
「それは相手を選ぶことができたからだ」と答えるミッキー。
「つまり弱い相手を俺に対戦させたのか?」とロッキーは問い正す。
言葉を詰まらせたミッキーは「これで最後にしろ」と対戦を承諾する。

ミッキーは試合直前に心臓発作で倒れる。
いつもセコンドにいるはずのミッキーがいないからか、
結果はKOの惨敗。
控え室に戻ると、最期のミッキーに別れを告げる。
「勝ったよ」と嘘をついて。

再戦を決意するロッキーは、
前チャンピオンのアポロをトレーナーに迎え、
ロサンゼルスで練習に励む。
心のより所としていたミッキーが死んでしまった孤独感、
偽チャンピオンだったのではないかという苛立ちと傷心、
ロッキーは何もかも投げ出そうとする。

「ボクサーが自分を信じられなくなったら終わりだ!!」

そんな弱気な夫に妻エイドリアンは激励する。

「あなたは私たち家族を守ってくれた。同じようにミッキーもあなたを守っただけ」
「今度はもう誰のためでもない、何のためでもない、自分のために闘って!!」
「闘うボクサーをあきらめないで!!」と。

あの内気なエイドリアンの変貌ぶりに驚いたロッキーは
「強くなったな」とつい口にする。

「闘っている時のあなたが好きなだけよ」
(ピンチの夫を助けることができるのは、妻だけかもしれない)

『自分を信じる者だけが闘える』

あなたが自分を信じる心を持ち続けるなら、
人生という戦場から逃げ出すことはないだろう。
思う存分闘おうではないか。
疲れ切るまで。